センターで踊ること

 発表会の練習が始まるとふと思い出してしまうことがある。もうかれこれ6〜7年前に一緒に踊ったクラスメイトが言ったこと。

「発表会を見に来る人は、群舞の真ん中や最前列で上手い踊る人は選抜された上手い人だと思ってる」「群舞の構成で、端や後ろの位置を割り当てられると、見に来てくれる人に下手なんだと思われて屈辱的なので許せない」ということ。そこまで数回発表会で群舞に参加したことはあったけれど、そんなことを考えつきもしなかったのでものすごく驚いた。あまりにびっくりしたので、発表会に来てくれる友人にそんなふうに思ってた?と聞いてしまったくらいだ。
 ちなみに、ダンス含む舞台鑑賞が趣味である友人には一笑に付されたが、そうなのかと思っていたと言った友人もいた。

 個人的には、担当の先生によって足音をがっちり揃えたいところのタイミング出しに上手い人を配置するとか、後半疲れてきた辺りで周りを引っ張れるように上手いベテラン勢を先頭に出すとか、そういったことは考えてる気がするけれど、どの先生もがんがん人を動かす構成をするので、最初から最後までずっと似たような場所で踊ることは一度も無かったと思う。むしろ、来てくれる人に聞かれても、どの辺で踊ってるかを説明するのがいつも結構難しいくらい、あちこちに移動して踊っている。

 件のクラスメイトの主張は段々エスカレートして行き、クラス中にも「さっきからずっと後ろばっかりでやる気が出ない」「こっちは同じだけお金払ってる」などと直接先生にクレームを付け出した挙げ句、「〜さんはさっきからずっと端だと思います」とか頼まれてもいない他人のクレームもぶつけるようになったのだけど、そういう人に限って絶対ソロには挑戦しないのがとても不思議。嘘。大体理由はわかりますけども。

 

 ばかばかしいなと思っていても、一度吹き込まれた視点は時々顔を出して、私を急に不安にさせたり、元々弱い自信をごっそり削いでいく。
 今やっている構成の最後で、じゃあ1人づつ前に出てちょっとずっと踊っていこうという流れになった。が、なぜか私ともう1人だけが2人一緒で、そしてパレハで踊るためでもなさそうな振りをもらうことになった。先生がその他のメンバーには1人ずつ、ああでもないこうでもないと振りを付けていくのをぼーっと眺めながら、そいつがじわじわ迫ってくるのを感じてた。
 「下手だから1人で踊らせてもらえないだけ」「上手くもなければ見栄えもよくないから前に出したくないだけでしょ」「あなた1人のために振りなんて付けたくないんだよ」という、ワタクシお得意の卑屈スパイラル。そこに、例の「上手い人が目立つところで踊るって思われてる」というやつも近づいて来て、「見にきてくれた人に1人で踊らせてもらえなかったヘタクソって思われるのかなあ」なんて気持ちが湧いて来てしまう。本当にしょうもない。

 
 私はセンターで踊りたくて群舞に参加しているわけじゃない。例の主張を本当にばかばかしく思うし、そういう意見の人と一緒に踊るのも結構きついと思ってた。
 それでもふと気弱になった時に、色々まとめてやってくるネガティブな嵐の中にそれが混じってる。本当に嫌だなと思いながら、振り払って振り払って、そんなこと思ってる時間があるなら練習するか餃子食べてビール飲んで寝ちゃえばいいのにと思う。