晴れている日もいない日も

都内でうろうろしてる会社員の日常

エレベーターは心が荒むよ

今の勤務先はそこそこの高層ビルで、朝9時前後の出勤時間帯は1階のエレベーターホールに自動的に箱が降りてくる。そして「閉」ボタンが効かない。最初の人が乗り込んで行き先階ボタンを押した後、少しの時間をおいて閉まる。

閉まる直前に外側のランプが点灯し、内側には「ドアが閉まります」というアナウンスが流れるのだけど、数台止まっている箱のうち、このランプが点灯しているものに駆け込んでくる人が結構な割合でいる。場合によっては腕で閉まりそうなドアをガードする体勢で走り込んでくる。

閉まりかけたドアはもう一度開くとその後また少し時間をおいて閉まる。そうこうしてると次に出発すると思ってた箱が先に閉まって出る。

しかも、そういう駆け込みの人に限って効かない「閉」を連打したりするので、こちらは別に急いでいなくても朝からうんざりするというもの。
いい加減仕組みに気がつけよ。効果を求めるならまず仕組みを理解して欲しい。

 

フィクションの世界なら、エレベーターの中での出会い、偶然の会話なんていうのはあるあるだし、壁ドン(もうさすがにはやってないよね?)は犯罪行為に限りなく近いのでやめた方がいいと思うけど、ドラマチックな装置になったりもするよね。もちろん現実の生活の中でそんなものは期待していないけど、駆け込んで「閉」連打とか、イアフォン携帯ゲームで乗り込んできて入り口付近で急停止するとか、もうそんなのばっかりだと朝から荒むよ。

しかもほとんどが自分と同じ勤務先の人間かと思うと、余計荒む。ナニコレ社風なの。

そもそも朝のエレベーターがそんな制御をされるようになった理由が酷い。

自分が乗り込んだら即「閉」を押して、数人しか乗ってなくても出発させてしまう人が多く、エレベーターホールに人が溜まってしまうから、というもの。たかがエレベーターで数秒稼ぐ前に、30分早く家を出てくれよとしか言えない。電車の駆け込みも一緒だけど。

4月に一斉に新入社員がやってきた時、彼らは教わった通りのビジネスマナーで行き先階ボタンの前に立ち、用心深く乗り込んできそうな人を探しては「開」ボタンを押し続け、それはそれでがんばり過ぎだとは思うけど、まだ爽やかさがあってよかった。しかしもうそんながんばりも薄まっていく季節、そして乗ってきた瞬間に異臭を放つ人が急増する季節。いやいや他人事じゃないよ自分も気をつけよう。ノー部屋干し臭。