読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OLの習い事の向う岸

就職してから少し経ってフラメンコを習い始めた。

最初は家の近所のカルチャーセンターで週に1度、1時間強のクラスに通っていた。カルチャーセンターの生徒は年齢の幅が広く、当時20代だった私はぶっちぎりで最年少だった。続けるうちにもっともっとという気持ちになったものの、そのカルチャーセンターではそれ以上のクラスは開講されていなかったので、当時の先生が所属しているスタジオに通い始めた。そこからももう随分経つ。

 

フラメンコを最初に見たのは大学時代だ。通っている大学にはダンス部があって、フラメンコを専門にやっている人たちがいた。

友人がそこに所属していて、学園祭のステージで見て一気に興味をもった。聞き慣れなくて全然取れない、でも盛り上がるリズムと、それまでずっと聴いていた五線譜できっちり書くことが出来るメロディとは異なるなんともいえない旋律、そして華やかな衣装。学生時代の私には靴も衣装も、たまに来てもらっているプロの先生への授業料も払えそうになくて始められなかったけれど、就職してしばらくしてふと思い出したのだ。

 

通っているスタジオには色んな生徒が通っている。年齢層もバラバラだし、少ないけど男性の生徒もいる。

健康のために定期的に体を動かしたい人、踊ってストレスを発散したい人、もちろんフラメンコの歌、音楽そのものが好きで通ってる人も多いし、プロを目指している人も、実際にプロ活動と呼べるようなことをやっている人もいる。

意気込んでスタジオに通い始めたものの私がお稽古ごとに割ける時間は少なくて、プロ活動に向かっていく人や、ぐんぐん上手くなる若い人を眺めながら、ちょっとマンネリ化したり、発表会前の人間関係で嫌気がさしたり、そんなこんなでここまできた。

そして今年初めて、それも唐突に、プロ、セミプロと呼べるような人、ソロでコンクールに出るような人たちが集まっているクラスに突入した。私はそれまで決して熱心な生徒ではなかったので、先生方にもどういう風の吹き回しなのか何度か聞かれた。
はっきりしていることは、仕事が急に今までのような忙しさではなくなり、今なら「仕事が忙しいから」を言い訳にせずに取り組めるはずだと思った、ということ。でも、それ以外はなんだか上手く説明出来ない。今やらなければ永遠にそこに挑戦することはない気がすると思ったのも確かだけど、それだけじゃない。そして困ったことに溢れるフラメンコ愛とかでもないのだ多分。

結果、今地獄を見てる。
こんな基本的な技術も身についていないのにどうするつもりなのか?と問われ続けてる。がんばりますとしか言えない。舐めてました出直しますといって撤退した方がいいとわかってるのに言えない。
そこそこ長く「OLさんの習い事」の岸にいて、広く深い川の向こう側に広がるプロを目指す人たち、プロを目指すわけではないけれどフラメンコを追い求め続ける人たちの岸を見てた。足元を見ればそこに横たわる川の広さも深さも見えたはずなのに、向こう岸がなんだかとても素敵に見えて、何も考えずに川にはいってしまった。今はそういう状態だ。

渡りきれずに、けれど戻ってくることも出来ずに、流されて消えてなくなってしまうのではないかという気持ちでいっぱいになっている。なんで軽率に渡ろうとしたのか?と自問してる。自分でも納得がいく答えが出来ない。

これを書いてて、まだなにもオチがない。
結果は見えてる気もするけど、まだ出ていない。1ヶ月後、2ヶ月後、私はどこにいるかなと思ってこれを書いてる。