晴れている日もいない日も

都内でうろうろしてる会社員の日常

Barcelona Pura! 「バルセロナより愛を込めて」

新宿のガルロチで渡部純子さんと中田佳代子さんのガチンコなフラメンコを見ました。

渡部さんは長い間バルセロナのタブラオで活躍してた踊り手さんで、中田さんは今バルセロナに住み活躍している踊り手さん。どちらも生でがっつりその踊りを見せてもらうのは初めてだったのです。楽しかったー。いや本当に楽しかったよ。楽しすぎてぐったりしたもの。

 

渡部さんの最初のソロのグアヒーラから度肝を抜かれました。

グアヒーラはキューバにルーツを持つ曲で、踊り手はアバニコ(扇子)を使うことが多いけれど、渡部さんが持っていたのはうちわ。ちょっと東南アジアのビーチリゾートの雰囲気もある編みのうちわに見えたけど椰子編みなのかな。キレキレで美しくて、強さも存分に感じさせるグアヒーラ。踊りも逸品だけど実はこのお姉さんサーフィンなんかもやっちゃうんじゃないの!?って思わせるような格好良さで釘付けでした。

そこから中田さんのシギリージャ。これはちょっと上手く感想いえない。すごかった。同じように2部で渡部さんが踊ったソレアも上手く感想がいえないけどすごかった。こういう曲は、歌もギターも踊りも見る方の胸ぐらを掴み、締め上げ、そしてこちらの感情を乱してすーっと消えていってしまうのが最高なんだと思う。


そして、カディスのカンティーニャス。こちらは中田さん。

カンテのマイ・フェルナンディスがカディス出身で、カディスの風と匂いと光を目一杯舞台に吹き込み、そこで中田さんが炸裂すること炸裂すること。花火大会みたいでした。どかーん!どかーん!って。

フラメンコの踊りって張りつめてるところはめちゃくちゃに張りつめてる。息止めてみてることもあるくらい。でも、大笑いしたりずっこけたりするような楽しさもあって、このカンティーニャスにはそういう陽気な楽しさが満載だった。でも格好いいの。なんなのかな。面白くて格好いい。いやーなかなか到達出来るところじゃないです。

 

すごい舞台、楽しくてしょうがない舞台は見ているこちらに本当にたくさんのものをくれます。とにかくばしゃばしゃ惜しみなく。でも、同じくらいかそれ以上こっちの魂ももっていかれてしまうので、もうね、幸せな屍みたいになって会場を後にしたのでした。

ダイエットアプリからの卒業に失敗

去年の前半に6キロほど落とし、その後半年くらいなんとなく維持出来ていたので、これはもうアプリで飲食や運動の記録管理をしなくてもいけるのでは?と思いダイエットアプリから卒業した。その後1ヶ月で2キロ増量。
ちょうどフラメンコの発表会が終わった後で、そこまで後回しにしがちだった友だちとの外食というか飲み会をどばっと仕込んだのも大きな要因かと思うけど、なにより、緩やかに太り続ける生活を10年以上していた人間の心持ちや食欲は1年くらいじゃ矯正出来ないってことなのだろう。
そこからさらに1ヶ月経過したけど、体重はリバウンドしたままだ。

 

というわけで、ダイエットアプリを再開することになった。
地味に課金し、日々の食事の栄養成分や運動量を計算してもらい、アプリの中の栄養士さんに日々叱咤激励してもらってる。まあ大体説教されてる。


摂取カロリーや栄養バランス、運動量を理想の数値に合わせられると100点満点で採点されるアプリなので、そのゲームっぽさ、コンプリート欲に突き動かされているうちは続くし、結果も出るのだ。そして、毎日毎日それを続けると、食事制限における一撃必殺アイテムが何なのかをなんとなく覚える。
例えば、マックポテト。もうね、これは本当にやばい。Mとか食べたら脂質と総カロリーが跳ね上がってその日はゲーム終了。さすがにマックは滅多にいかないからこれは極端な例だけど、もっと気軽に休憩のお供くらいの気持ちで食べてしまう小さいチョコやクッキー類、場近所のパン屋さんの小さなクリームパンとか。そういうものをうっかり投入するともうその日は取り返しがつかなくなる。

減量の結果が出なくなることより、ゲームの敗北感が積み重なっていくことがストレスになったのが自分としては予想外だった。

エレベーターは心が荒むよ

今の勤務先はそこそこの高層ビルで、朝9時前後の出勤時間帯は1階のエレベーターホールに自動的に箱が降りてくる。そして「閉」ボタンが効かない。最初の人が乗り込んで行き先階ボタンを押した後、少しの時間をおいて閉まる。

閉まる直前に外側のランプが点灯し、内側には「ドアが閉まります」というアナウンスが流れるのだけど、数台止まっている箱のうち、このランプが点灯しているものに駆け込んでくる人が結構な割合でいる。場合によっては腕で閉まりそうなドアをガードする体勢で走り込んでくる。

閉まりかけたドアはもう一度開くとその後また少し時間をおいて閉まる。そうこうしてると次に出発すると思ってた箱が先に閉まって出る。

しかも、そういう駆け込みの人に限って効かない「閉」を連打したりするので、こちらは別に急いでいなくても朝からうんざりするというもの。
いい加減仕組みに気がつけよ。効果を求めるならまず仕組みを理解して欲しい。

 

フィクションの世界なら、エレベーターの中での出会い、偶然の会話なんていうのはあるあるだし、壁ドン(もうさすがにはやってないよね?)は犯罪行為に限りなく近いのでやめた方がいいと思うけど、ドラマチックな装置になったりもするよね。もちろん現実の生活の中でそんなものは期待していないけど、駆け込んで「閉」連打とか、イアフォン携帯ゲームで乗り込んできて入り口付近で急停止するとか、もうそんなのばっかりだと朝から荒むよ。

しかもほとんどが自分と同じ勤務先の人間かと思うと、余計荒む。ナニコレ社風なの。

そもそも朝のエレベーターがそんな制御をされるようになった理由が酷い。

自分が乗り込んだら即「閉」を押して、数人しか乗ってなくても出発させてしまう人が多く、エレベーターホールに人が溜まってしまうから、というもの。たかがエレベーターで数秒稼ぐ前に、30分早く家を出てくれよとしか言えない。電車の駆け込みも一緒だけど。

4月に一斉に新入社員がやってきた時、彼らは教わった通りのビジネスマナーで行き先階ボタンの前に立ち、用心深く乗り込んできそうな人を探しては「開」ボタンを押し続け、それはそれでがんばり過ぎだとは思うけど、まだ爽やかさがあってよかった。しかしもうそんながんばりも薄まっていく季節、そして乗ってきた瞬間に異臭を放つ人が急増する季節。いやいや他人事じゃないよ自分も気をつけよう。ノー部屋干し臭。